NEWS 12月17日(日)は社内研修の為、臨時休業致します。ご迷惑お掛け致しますが、ご理解何卒よろしくお願い申し上げます。

SARTO

  • サルト_instagram
  • サルト_facebook

Event

新生ブランド「Saggio」Coat Order fair 2015S/S 1/31(土)〜スタート!

お洒落なスプリングコートはとにかく使える

まだまだ寒さの厳しい季節が続きますが、ファッション業界においてはすでに気分は春。続々と春夏物が入荷しています。そうなると気になってくることといえば、冬物から春物へと衣替えをする時期に何を着ればいいのかということ。昼と夜とで寒暖の差はまだまだ激しいし、とはいえ気分としては春っぽい雰囲気も手に入れたい。もちろんそれをクリアした上でお洒落にだってこだわりたい。そんなわがままにお応えできるのも、この春「サルト」より新たに誕生したブランド「Saggio(サッジョ)」の魅力ですよ。

Saggio サッジョ

まずはこちらのスプリングコートをご覧ください。ソラーロと呼ばれる玉虫色に輝く生地を纏った一枚は、えも言われぬ趣を醸し出していますよね。これこそが新生「サッジョ」の大きな魅力。伝統的なサルトリアルの技術をベースにしつつも、モダンな感性を持ち合わせたブランドだけに、このような今時な仕様の一着を完成させることができたのです。
ちなみにこのコートのこだわりポイントは前述したソラーロ生地以外にもございまして、通常のコートに比べてやや長めに設定した着丈や、シングルながらも深めに取られた合わせ、そして立体的な襟の作り等々、語り出せばキリがありません。ただ、そのどれもがクラシックなディテールをベースに作られたものであり、それをコンパクトな肩周りや素材にウォッシュ加工を施すなどといったモダンなアプローチで再解釈し直したことによって、結果的に塩梅絶妙な一枚が仕上がった、というわけなのです。
ちなみにスプリングコートと言われるとどうしてもスーツやジャケット&パンツに合わせるもの、という考えが先行しがちですが、今回のコーディネートよろしくカジュアルに合わせるというのも、なんだかこなれていて良いと思いませんか? こういう着こなしができるのも、モダンとクラシックが見事に融合した「サッジョ」のスプリングコートの強みと言えましょう。ちなみにこちらはデザイナーである信國大志氏とのコラボレーションアイテム。そういうところも、洋服好きには刺さるポイントですね。

Saggio サッジョ

もちろんベースはベルテッドのトレンチコートですからスーツに合わせてもすこぶる格好良いのです。しかも洗いを掛けた生地感が、スーツの端正な素材感とのコントラストを生み出してくれるため、ヌケ感も巧妙に演出可能。
ちなみにこのアイテム、名称としてはスプリングコートですが、実は春だけでなく秋口にも活躍してくれることは必至です。だって春と秋とで気温などは酷似していますし、このベージュのソラーロならば、季節感も問いませんからね。その上クラシックをベースとした作りだけに飽きもこない。
しかもオン・オフ問わず着られてしまう。そんなわけで、これまで登場回数が限られるという理由で敬遠されがちだったこの手のアイテムですが、年に2シーズンも活躍できて、その上寿命が長いとくれば、費用対効果が格段に上がっているということになりませんか?

アウトドアで一世を風靡した60/40クロスにも似たハードな雰囲気と、ソラーロのラグジュアリーな雰囲気が同居した独特の生地感。そこにウォッシュ加工を施したことで、こなれ感を演出しています。こうすることでおろしたてでも"ずっと着ていたんだよね"という雰囲気を醸し出すことができるというわけです。ちなみにこういう洗いなどの加工、通常の仕立て屋さんでは製品が安定せずリスクも多いため、ほとんど受け付けてはくれません。こういう手間のかかるオーダーに対応できるのも「サッジョ」の懐の深さなんですね。

ソラーロ



襟裏

襟を立てても様になるよう、襟裏のステッチングには赤糸を採用。さりげないポイントではございますが、さり気なくお洒落を主張できる場所ゆえ、こういうところにはこだわりたいものです。そんなディテールにまでとことんこだわれるのもオーダーの魅力ですよ。

SARTO Coat Order Fair 2015 Spring & Summer

  • 1月31日(土)~

お問い合わせ:

写真/渡辺修身(SAMMY STUDIO)
スタイリング/四方章敬(code)
ヘアメイク/勝間亮平(masculin)
編集&文/寺田慎一(4610)