NEWS 12月17日(日)は社内研修の為、臨時休業致します。ご迷惑お掛け致しますが、ご理解何卒よろしくお願い申し上げます。

SARTO

  • サルト_instagram
  • サルト_facebook

Event

リゾートゴルフスタイリングなう。

女性ファッション誌「HERS」(光文社)の表紙のコーディネートから男性ファッション誌のゴルフページまで幅広く活躍されている、フリーランス エディター&ライターの大谷繭子さん。趣味のゴルフは、ファッション業界の方とのラウンドが多いそう。そこで「リゾートのゴルフ場で一目置かれるスタイリング」「これは危険!NGウェア」などをズバリ本音で語っていただいた。

Photographs: Kazuo Shimamoto(BAARL)

20130731_01.jpg

20130731_002.jpg

サルト 檀 リゾート地でのゴルフファッションは、いつものコースと違ってリラックスしたスタイルや、カラフルな色使いの方を目にしますがどう思われますか?

大谷 女性の方だとついついカラフルな色目の物を着用しがちですが、日焼けしていない美白系の方が着るとかなり不自然。プロの様に小麦色の肌の方が着る分には似合うのですが...。個人的には、リゾートといえど色目は押さえるというのがお勧めです。 ただし、肌の露出は攻めます! 全体は控えめにして回りの男性を引き立てつつも、女性らしさはきちっとアピールというのが大谷流です。

20130731_003.jpg

 小物の使い方が大変お上手ですね。

大谷 リゾート感はラウンドバッグやブレスといった小物でアレンジするとモノトーンのスタイルが、パッとリゾート仕様に変わります。ただし、ブレスはスイングに影響しないよう小降りなものをタイトに巻くようにしています。 キャディーバッグやラウンドバッグは、強気の色や柄を選ぶくらいがリゾートでは馴染みます。

 スカート丈が短い様に感じますが?膝上20cmくらいですか?

20130731_004.jpg

大谷 このくらいの足見せだと、キュロットを履かれる方が多いようですが、ヒップ回りが広がって野暮ったく見えるのが嫌いなのでスカートを愛用しています。このくらい短いと逆に足さばきがスムーズですし、グリーン上では、いろんな意味で注目を集めますよ!

 ポロシャツは、セレクトショップのゴルフコーナーで人気No1のマーク&ロナですね。

大谷 アメリカのスポーツウェア ブランドで、女子ゴルファーの間では人気急上昇中です。プレッピー、パンク、マリンを西海岸的フィルターを通したデザインに仕上げていて、今までのスポーツブランドのゴルフウェアには無い「ユル、カワイく、機能も付いた」ところが人気の秘密です。 ただし、都内のセレクトショップでは、人気が出過ぎてサイズ切れのことも多いようです。私はカワイイデザイン優先なので、ワンサイズ大きいものなら買ってお直しに出しています。このポロシャツも、少し大きいのですが、最後の1点だったので買っちゃいました!

20130731_05.jpg

 ポロシャツの場合は、身幅と着丈のバランスが大切ですね。女子プロの方の中には、スイングするとウェストが見えるくらいの短い着丈の方もいますが...

大谷 基本紳士のスポーツですから、男性はポロシャツの裾は、インして着るのが基本。しゃがんだ時に、裾が出てしまう様な中途半端な丈はNGですね。女性の場合は、裾を出して着るのならベルトとパンツのバックポケットの間くらいの丈がカワイイと思います。身幅は、ゆったりしすぎず、ピタピタでもない感じが良いのでは。

 最近はインコテックスやPT01と言ったイタリアのパンツブランドもゴルフ対応の細めのパンツを出していますが、女性から見てどう思われますか?

大谷 往年のプロの様なツータックのわたりの太いパンツは、流石に少なくなりましたが、ファッション誌に出てくる様な街履きの細いパンツでそのままコースに出るのはどうかと思います。ストレッチが効いていればまだ良いと思いますが、そうでないと実際プレーがスムーズに出来ないのでは? 以前、イタリアの有名ブランドのコットンパンツでプレーしていた男性のパンツのヒップが、ぱっくり裂けるのを目撃したこともありました。

 やはりパンツは、トレンドも大切ですが、動きやすさを第一に選ぶ事が大切ですね。百貨店やセレクトショップでゴルフパンツを選ぶ時は、立ち姿だけではなく、かがんだときの感じなども確認すると良いですね。 では、最後に大谷さん的に一番気をつけて欲しいファッションのポイントを伺いたいのですが。

20130731_06.jpg

大谷 大谷 私の愛読書の『ゴルフレッスンの神様 ハーヴィー・ペニックのレッドブック』にも書いてあったのですが「お洒落なゴルファーは、自分のスタイルを持っていて上品、買わずともスタイルに近づけた。」とある様に細かな服のディテールやブランドを気にするのではなく、スタイルを持つ事が大切だと思います。具体的には、「ポロシャツやパンツには必ずアイロンをかける」「エントランスに入ったら、ジャケットを着る」と言った事ではないかと思います。

20130731_08.jpg

左から順番に。キールズ リップ バーム オーガニック SPF15 は日焼け止めの入ったリップクリーム。ソニア リキエル UVプロテクション ボディジェルは、ジェル状で付けやすくべたべたしないのが特徴。ソニア リキエル レジェ ネラン ブランシェール ネック&デコルテ セラムは、アフターサンケア。火照りを押さえて、美白効果も!?

20130731_09.jpg

他のプレイヤーのボールと間違わない様に、自分のゴルフボールにイラストを転写するGOLFDOTZという商品。プレゼントしても喜ばれるので、珍しい柄はまとめ買いしています。指で10秒押さえるだけで簡単にマークが転写されます。マイボール以外にもクラブヘッド、シャフト、シューズ、グローブ等にも使えます。

20130731_face.jpg

大谷 繭子

フリーランランスライター・エディター
学習院大学卒業後、フリーランランスライター・エディターとして男性誌、女性誌のファッションページの企画・編集に携わる。展示会、ショールームに足を運びトレンドリサーチを欠かさず、読者目線にたった提案に定評がある。賀来千香子さんが表紙の50代をターゲットにした女性誌『HERS』ではファッションディレクターとして表紙のコーディネートおよび特集ファッションページを担当。