サルトでは現在、ご予約なしのご来店や直近のご予約ではご案内が出来ない場合が多くございます。できる限り、事前のご予約をお願いいたします。

SARTO

  • サルト_instagram
  • サルト_facebook

column

サステイナブルとか、サステイナビリティっという言葉がよく聞かれるようになって参りましたね。
非常に意識の高い言葉ですが、もちろん大事なことであります。
お世話になっております、をさないです。

そもそも聞いた事なんてないぞ!という方は今後ばしばしとこの言葉を使い意識が高いことをアピールしてみてください。
簡単に言えば、資源を再利用してますよ〜、地球環境のことを考えておりますよ〜なんてことを言いたいときによく使われるわけです。

"これはサステイナブルなマテリアルをしようしております" とは要は"このトイレットペーパーは再生紙で作られております"、ということです。

"サステイナブル" 自体の品詞は形容詞になりますから、日本語で流用する際は <サステイナブル"な"○○> という形で覚えると間違いなく格好がつくと思います。
この"品詞"という言葉が大嫌いだ!という方も少なくないでしょうが、もう大人ですし、そんなに難しくないのでこれを機会に覚えてみてください。
名詞と動詞はさすがに大丈夫ですよね?
名詞を修飾するのが形容詞です。要はその名前をよりわかりやすく説明する言葉です。そして、それ以外が副詞になります、基本、動詞と形容詞を修飾します。まぁこの4つですから、実は非常に簡単です。そしてこれらの理解は英語を学ぶときには必須になりますよ。

"サステイナビリティ"は名詞ですから、まぁ、そんなに難しく考えずにそのまま使えるかと思いますね。

"やっぱり、今の時代のキーワードはサステイナビリティだからさ、自分のライフスタイルに合わして、デイリーユースな物はサステイナブルなマテリアルに替えたりもしてるよね。フレキシブル・マインドもキーになるよね。頑固な大人になりたくないからさ。"

まぁ、意訳しますと、"私は痔がひどいのでウォシュレットを常に携帯しております。"になるわけですが、わざわざ、品詞を使い分けちゃう所なんかキモいですよね。もちろん、キモかっこいいという意味ですよ。

私も大学生の時のグループプロジェクトでテーマがサステイナビリティだったことがありました。
まぁ、よくよく考えればビスポークウェアは使い捨てではありませんし、サイズも変更しやすく、長年使用することを念頭に置いておりますから、完全にサステイナブルな物であるのですよね。

ずいぶん前にドイツに行ったとき、スーパーのレジ袋がなかったことにびっくりした物です。(お金払えばもらえたんだったかな??)こういう取り組みが早かったですよ。、さすがに。
その後、イギリスでもレジ袋は有料になって、だいたいがバッグ持参といった形になりましたよね。今では当たり前です。 むしろタダで袋に入れられたら "え??"っと思うくらいです。

イギリスのウェイトローズというスーパーでは会員券をレジで見せてコーヒーを注文すると(コーヒーのみは不可ですから、普通のショッピングも済ませてください)、スタバのトールサイズくらいの紙のコップをもらえて、出口付近のコーヒーメーカーでコーヒーをもらえたのですが、そのカップのサービスはなくなり今では自分のタンブラーOrトラベルマグ等を持参する形になりました。
英スタバも以前から自前のタンブラーを使えば少し割引があったのですが、正式に今までの紙コップにお金をチャージする事になったようです。

エビアンホルダーや水筒女子ではないですけども、家から出るときには自前のタンブラーを携帯するという事もショッピングバッグを携帯すること同様に完全にデフォとなったわけなんです。

サルト

私が使っているのはThermosのステンレスキング16oz。スタバのグランデがちょうど入るサイズです。
これから、日本でもタンブラー男子が増えざるを得ない状況になると思いますが、そのとき悩むと思うんですよね。いったいどのメーカーを使えばいいのか、と。
私のこれ、相当おすすめです。

これから、寒くなる季節、これさえあればドリンクはずっと暖かいですからね。夏場だって、これに氷を入れておけば、水やお茶を足せば長時間キンキンのドリンクを飲めますし、無論真空構造のタンブラーはそれ自体に汗をかきませんから、いかんせん便利ですよね。

このThermosってブランドなんですけども、昔からある有名なブランドでして、それこそビンテージのイギリスの水筒なんかはだいたいThermos印だったりするんです(もちろんMade in England)。
しかし発祥はドイツのようです。今は日本の会社に買収されていますが、以外と不思議なことにヨーロッパと日本で取り扱いが違ったり、なかったりするアイテムが多くてそのあたりはちょっと困惑いたします。
このステンレスキングも正式には日本で取り扱いがないようですから、並行輸入のような物を探す形になるかもしれません。
ターンブル需要が増えると今後ストレスなく購入できるとは思います。

ハンドル付きも売っているのですが、外に熱は漏れてませんから、アッツアツのドリンクが入っていようとも、熱くて持てないなんて事はありません。

冬場は家の中でも白湯が必ず入っている状態なのでものすごい稼働率です(笑)。

いやはや、熱エネルギーが逃げないわけですから、無駄な電気を消耗しなくて良いわけですよ。(電気ケトルの湯沸かしってものすごく電気使っているんですよ。対使用時間で考えますと、たぶん一番電気を使う家電だと思います)

そう考えますと大きなThermosのポット(2.5Lアクションポンプ付き)を持っておくのも経済的な気もしますよね。
冬は暖かいドリンクを速攻で飲めますし、夏場は氷でも突っ込んで常にミネラルウォーターをひたひたにしておけば、キンキンの水をASAPで飲めるわけですから、天国ですよ。

まぁ、もちろん電気ポットは便利ですが日本以外で家にあるの見たことありませんよ笑
無論私の実家にはあります。実家にある物って感じですよね。電気も無限に使いますから。
冷たい水は冷蔵庫に入れておけばいいのですが、冷蔵庫の中の2Lのペットボトルって邪魔なんですよ。
夏場に冷蔵庫の扉をいちいち開けるのもサステイナブルじゃないでしょう?

まぁ、買いですね。

※Thermos社からは一円たりとももらっておりません。