サルトでは現在、ご予約なしのご来店や直近のご予約ではご案内が出来ない場合が多くございます。できる限り、事前のご予約をお願いいたします。

SARTO

  • サルト_instagram
  • サルト_facebook

column

>>>>前回より


サルト


本来似たようなファッションとモード、しかし今の私たち日本人はその二つをもっと明確に別のモノと理解して使っているはずです。

それではもっと理解を深めるために、こんなモノまで引っ張り出してみましょうか?

平凡社の世界大百科事典です。その"モード" "ファッション"の項ではどのように描かれているかと言いますと、、

〜〜〜〜

モード

ラテン語のモドゥスmodusに由来し、方法、様式、形式などを意味する。今日では服装についても使われるようになり、ア・ラ・モードといえば流行の様式のことを指すようになった。
英語のファッションとほとんど同義である。また服装についての新しい型を発表することを、フランス語ではコレクションというのに対し、英語ではファッションショーといい、日本でもファッションの語が一般に言いならわされている。モードに流行の語義が含まれはじめたのは、イタリアでは15世紀、フランスでは16世紀、イギリスでは17世紀からとされている。服装の歴史のうえで、15世紀から16世紀はルネサンスの思潮や地中海貿易の拡大などによって、イタリアのモードがフランスをはじめ他国に大きな影響を与えた時代であった。続く17〜18世紀はフランスの宮廷文化の下で独自のモードが形づくられ、パリの宮廷モードはヨーロッパ諸国の中心を占めるようになる。これら貴族のモードの伝統を受けながら、近代的でより広範囲の産業にまで広めていったのが19世紀フランスにあらわれたオート・クチュールのデザイナーたちであった。限られた階級のモードは彼らによってしだいに一般化され、とくに第2次世界大戦後には世界中に広まった。

〜〜〜〜

元々の語源はラテン語。イタリア語でなら"モーダ"が正解。英語でFashionをイタリア語訳するとModaとなります。
モードといえば、どうしてもやはりフランス関連がフォーカスされるようですね。
ファッション、というとどうしても英語寄りのモノになるのでしょう。
それではファッションはどう説明されてるでしょうか?

〜〜〜〜
ファッション

服飾における流行、または流行の服飾そのものを指す。フランス語のfaçonからきていることばで、もののやり方を意味していた。フランスではモードmodeということばを使っている。服の作り方、着方、その流行といったものをあらわすようになるのは16世紀以後で、ルネサンス期から服装についての関心が高まったことを示している。それ以後、服装に対する時代の好みといったものは、常にあったわけであるが、1920年代以後の現代ファッションと、それ以前を分けて考えなければならない。ダイアナ・デ・マーリーは、ファッションをつくりだしていく要因として、人間の競争心と新しいものへの好みをあげている。20年代以後の大衆社会において、それらの要因は、飛躍的な規模で企業化され、毎年の流行をつくりだすシステムがつくりだされた。
ルネサンスから18世紀まではファッションは王侯貴族のものであった。フランス革命を経て、19世紀になると、ファッションはようやく一般化してくる。とくに19世紀後半の、フランスの第二帝政時代は、ぜいたくな消費文化が栄え、F・ワースのようなファッションデザイナーの先駆者があらわれた。パリはファッションの中心地としての地位を確立しはじめ、ファション雑誌があらわれる。
20世紀に入ると、ファッションに大きな変化が訪れる。それまでコルセットによって、胸とお尻が出たS字形の不自然な体型を強いられてきた女性がコルセットを脱ぎ、まっすぐ立つようになり、来やすく、動きやすい服が求められるようになったのである。第一次世界大戦後、女性は社会に出て行くようになり、ファッションに決定的な影響を与える。P・ポアレに代表される1910年代は、その過渡期であった。20年代に入るとほっそりした直線的なデザインが好まれ、スカートも短くなり、スポーティになる。アメリカなどの女性がパリ・ファッションを買うようになり、マーケットは巨大なものとなった。パリが毎年新しいファッションを発表し、それがすぐさま世界中に伝えられるというシステムが確立されるのは20年代になってからである。スカートの長さが1年ごとに違うという、ファッションのサイクルがこうしてあらわれる。
次に新しい局面が現れるのは第2次世界大戦後の1950年代である。この時期に、ティーン・エージャーのマーケットが形成され、ハイ・ファッションとヤング・カジュアル・ファッションとに分裂し、またオート・クチュール(高級注文服)とプレタポルテ(高級既製服)が二重化してくる。
1980年代に入って、つねに新しいものを追い求めてきた現代ファッションは、行き詰まりをみせ、みずからの歴史をふりかえろうとしている。歴史的回顧展が開かれるようになり、毎年脱ぎ捨てられるきたファッションも、ようやく統合的に研究されるようになってきた。
〜〜〜〜


現代的なファッションのシステムは1920年代のフランスで確立されるが、そもそもフランスではファッションではなくモードと呼ばれる。

さて、これどうしましょ笑?

モードに至っては、しばしば"モード系"と"系"が込みで扱われることもありますし、パリを中心としたブランド文化をある種体系化した、一つのスタイルのようなとらえ方をしていることもあるとおもいます。
フレンチシックとはまた別のモノですよね。フランスはパリや当時の王族衣装が異質なだけで、その正体は純朴とした農業国ですから。ぼろぼろになるまで使い古された服やつぎはぎされているワークウェアがきっと本来のエスプリなのだと思います。
なぜか、フレンチ系といえば、マリンルックや黒ずくめの恰好を想像する人もいるようですが、非常に局地的な想像に過ぎないのですよね。

なんか最終的にはフランス中心でお送りしてきましたが、流行、ファッション、モード、スタイル、などの単語が少しでもクリアになってきたでしょうか?
簡単ではありましたが奥が深いですよね。

別に流行を追う奴は品がないであるとか、軽薄あるとか、そういった事がすべてファッションであるということでは無いのですし、あなたに決めうちしたスタイルがあろうがそれが上流であると言うことでも間違ってもない。
流行を追い服を買おうが、好きなスタイルがすでにあって、そっち系の服を買おうが結局同じ消費活動なんですよ
ほんの少し広告の仕方が違うだけで、消費者に選んでもらって、服を買ってもらうだけなんですよ、本質は。

ファッションや流行に対するネガキャンに少しばかし抵抗してみたのですが、今回は保守だったのでしょうかそれとも反逆だったのでしょうか?
明らかに保守ですよね。だから言っているんですよ、私ももう歳なんだって。
けども、スタイルある大人風情が威張っているのを保守する気は一切ありません。