NEWS サルトカーサの営業時間が変更となりました。【11:00~19:00 水曜定休日】

SARTO

  • サルト_instagram
  • サルト_facebook

column

今回は非常にオーセンティックなオーヴァーコートになります。
こんなコートが一着でもあなたのコートレールに掛かっていたなら、非常に心強いかもしれません。

"こころにいつでもオーヴァーガーメント"でおなじみ、お世話になっております、をさないです。

ベルテッド オーヴァーコート_サルト

CC41はもう説明の必要はないでしょう。SRCでもお馴染みの奴ですね。

私の印象ではベルテッドのこういったコートは40s〜50sではお馴染みの顔といった感じですが、皆様はどう感じますでしょうか?

CC41のタグが付いたオーヴァーコートは結構な確率でベルテッドだったりします。
現在のオーヴァーコート生地で作られるコートにほとんどベルトは付かないでしょうから、当時はやはり随分とポピュラーなディテールだったと推測されます。
50sはジャケットでもウエストにアクセントをつけるデザイン(バックにダーツがいっぱい入っていたり、プリーツが入っていたり、けっこうデザイン過多なジャケットが多かったものです。特にアメリカの方面では顕著でしたね。)が多く見受けられますし、メリハリをつけて逆三角形シルエットが気分の時代感だったのかもしれませんね。
もちろん、全部が全部ではありませんから、"そういうのが比較的多く見られた時代だよなぁ〜" くらいです。それくらいでも"それが当時のファッション" でまかり通るとは思いますが、いつでも最旬なファッションはごくわずかのエッジ−な人達の物だったりします、そういう人達がメディアには露出しますからね。

ベルテッド オーヴァーコート_サルト

ベルテッド オーヴァーコート_サルト
<from baracuta.com>

こちらは珍しい40sのバラクータ。皆さんにもお馴染みのハリントンジャケットのバラクータです。
1937年生まれのブランドですから、相当初期のアイテムになります。
正直バラクータの70s、80s辺りのコートを目にすることもあるのですが、欲しいと思うほどの作り込みはしていませんし、正直安っぽい物が多いように思います。
ブランドのランクで言えばバーバリー、アクアスキュータムから一つ、二つは落ちるレベルのブランドといった感じだったのでしょう。
もちろん、今ではハリントンジャケットに絞って、ましてや工場もイギリスにまでもどして製造しているようですから話は違うでしょうが、20世紀後半のコートのクオリティーはちょっと残念な感じです。

CC41、50s辺りはブランドも頑張っていたのだと思います。もちろんこのコートのクオリティーも申し分ありませんし、ビンテージの広告を見ても "Britain's Best Rainwear" と息巻いています。

とはいえ、レインウェア−にてイギリスで勝負するのは素人目から見ても厳しいでしょう。今のブランドの方向性を見ても明らかです。AとBにオーヴァーガーメントで勝負するのは大変なことなのです。
そしてターゲット層を下げて低価格で勝負に出て、最近ではイタリア資本になり、良い意味で今っぽい、そういったブランドになったという経緯です。

今回はG9ジャケットの話はしていませんよ。オーヴァーコートの話です。まぁ、G9にしたってとんでもないクオリティーとかそういう物ではなく、普通のジャケットです。他カルチャーのアイコン達が着たりして今のイメージがありますが、"クオリティーで勝負しています!"というわけでは無いと思います。
もちろん、キャッチーですばらしいデザインのアイテムを製造して歴史をつくったブランドですから、ずごいのは当たり前です。
やっぱり"バラクータと言えばG9" という良かれ悪かれそういうイメージが付いてしまったわけです。
ヴィンテージでもG9以外は狙わなくて良いと思いますが、稀〜に、こういったすばらしいアイテムも見つかります。

ベルテッド オーヴァーコート_サルト

ベルテッド オーヴァーコート_サルト

ベルテッド オーヴァーコート_サルト

ベルテッド オーヴァーコート_サルト

肉厚なグレーのヘリンボーン、ダブルブレステッドでマッチョなオーヴァーコートラペル。大きめのパッチポケットはフラップ付き。キュッとウエストを軽く絞っても良い。
非常に男らしくスマートでいて少々粗野な雰囲気もあるコートです。

ターンバックカフはデザイン然としたものですが、袖先に重さが出るというメリットがありますね。オーヴァーコートの生地はとてもハリがありますので、袖先にある程度の重さがあってくれた方が綺麗に振れると思います。
なので、意外と単なるデザインだけの物っと言ったわけではありません。

ベルテッド オーヴァーコート_サルト

ベルテッド オーヴァーコート_サルト

一応CC41のタグも乗せておきましょう。
インブレストポケットは今でもよく見られるタイプのものですね。

CC41辺りのオーヴァーコートは今でもクラシカルなオーヴァーコートのインスピレーション元ですから、"オーセンティック"という以外言い方がないほどの正真正銘のオーヴァーコートとでもいいましょうか?
ピッティウオモに出ている物をまた焼き増ししたような洋服達に飽きた方、本物を知りたい探求心のある方達も是非このような一着探してみてください。
一度は袖を通してもらいたいコートです。