NEWS 12月17日(日)は社内研修の為、臨時休業致します。ご迷惑お掛け致しますが、ご理解何卒よろしくお願い申し上げます。

SARTO

  • サルト_instagram
  • サルト_facebook

shop blog

ウディアレンの代表作ともいわれる映画 [ Annie Hall ]の映画について少し。

NYを舞台に都会に生きるカップルの出会いと別れを哀愁と笑いで綴ったラブストリー。彼の大きな転機にもなったこの作品は1977年に製作されました。

うだつの上がらないコメディアン、アルビーと美女アニーの痛快で軽快な会話のテンポ、ウディアレンらしい長セリフ、回想シーン、カメラに向かって話をする技法や分割画面やファッション、今観ても魅力がたっぷり詰まった作品です。


annie02.jpg


また70年代後半のファッションシーンにも大きく影響し、当時のレディースファッションは今でも70年代revaival として改めて注目を集めています。

ベストやワイドパンツ、ロングスカート、、、オーバーサイズのジャケットetc...

アニーホールJK.jpg


このバランス、今の気分です。

最近、雑誌などでも見かけますが、コーディネイトで様々な変化を魅せてくれるアイテム、個人的にも好きなシルエットです。

先日、ジャケットを探していた所、思いもよらない掘り出しアイテムを発見!

店長関が初めてオーダーしたスーツ。数年前から初めた筋トレでややきつくなってしまいました。

before01.jpg

背の低い私が着ると、かなり大きく感じます。

before02(1).jpg

そこで、レディースジャケットにアレンジお直ししてみました。

肩幅・袖丈・衿をノーカラーに変更して、ジャケット・コート風に!


after00.jpg

大きめのシルエットを活かして、肩幅もやや大きめの仕上がりですが、

袖丈や衿を変更する事で印象ががらりとかわりました。

ボトムの違いで色々な表情を魅せてくれそうです。(因みに着用しているパンツはオーダーです。ハイウエストで2タック、スッキリめのワイドシルエットになっています。)


神宮前では女性用のフィッティングルームをご用意しています。周りのお客様の目をきにせずゆっくりご提案させて頂いております。

お気軽にお問合わせくださいませ。

sarto神宮前

03-3408-3982

harajuku@sarto.jp

Page Top